【外来・リハビリ対策】
〇外来・リハビリ・業者など来院すべての方の検温と体調チェック、手指消毒の徹底
〇出入口の制限
〇待合での飛沫を避けるため、椅子のレイアウト変更
〇外来と入院の患者さんが交わらないような時間区分
〇発熱患者さんは予約で専用プレハブにて対応
〇飛沫感染リスクの高い検査の中止
〇受付・採血室など密接になる場面での飛沫防止のため透明間仕切りを設置
〇定期的処方をされている患者さんへの電話診療

【入院患者対策】
〇患者面会の禁止
〇病棟をゾーン分けし、看護師・スタッフの導線が交差しない工夫
〇看護時の手指消毒の徹底
〇施設内の換気・消毒の徹底
〇家族からの洗濯物などの受け渡しは、受付にて実施
〇患者家族へお見せするため、入院患者さんの様子を撮影

【職員対策】
〇出勤前に検温と体調チェックを行い、記録する。発熱があるものは休ませる
〇接触感染(アルコール手指消毒)・飛沫感染対策(マスク・ガウン・アイガード・手袋の着用)の徹底
〇職員の密集は避け、会議・研修会は必要最低限とする
〇食事は向かい合わせにならず、会話は慎む

院内で施設内感染が起これば、地域の医療崩壊が危惧されます。そのような可能性を減らし、
安心できる医療の継続を提供できるようこれからも努力してまいります。
みなさまにはご不便・ご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力をお願い致します。