肛門外科


肛門外科


◊痔とは

痔とは肛門と肛門周辺にできる病気の総称です。
日本人の3人に1人は痔で悩んでいるといわれるほど身近な病気の一つです。

◊痔の種類

・痔核(いぼ痔)
痔の中で最も多くみられる疾患です。肛門に負担がかかることにより、肛門を閉じる役割をするクッション部分が腫れた状態です。内痔核と外痔核があります。

・裂肛(きれ痔)
硬い便や、下痢により肛門の皮膚が切れる、または裂けてしまった状態。

・痔ろう(あな痔)
肛門にあるくぼみ(肛門陰窩)から細菌が入り込み膿が溜まり、膿が出たあとに肛門内部とつながるトンネルが出来た状態。

◊痔核(いぼ痔)はどうしてできるの?

肛門周辺の粘膜の下には、血管が集まって肛門を閉じる動きをするクッションのような部分があります。
肛門への負担が重なると、クッションを支える組織(支持組織)が引き伸ばされ、クッション部分が大きくなり、出血をしたり、肛門の外に出たりするようになります。これが痔核(いぼ痔)です。

*内痔核:直腸側にできた痔核のこと。痛みを感じる知覚神経がないため、通常痛みを伴いません。内痔核は程度により4つに分類されます。
Ⅰ度:初期の段階。痔核の脱出はなく、排便時に出血する程度
・主な治療法:保存療法
Ⅱ度:痔核がより大きくなり、排便時に痔核が脱出し違和感を感じるが、自然に戻る状態
・主な治療法:保存療法
Ⅲ度:排便時に痔核が脱出し、手で押し込まないと戻らない状態
・主な治療法:注射療法、手術療法
Ⅳ度:痔核が手で押し込んでも戻らない状態。粘液で下着が汚れることが多い
・主な治療法:手術療法

◊治療法

*注射療法:ジオン注(四段階注射法)
Ⅱ度以上の内痔核が対象。この治療は高度な技術を要するため、現在では「当手技に関する講習会を受けた専門医の登録施設」においてのみ治療が実施が可能。当院は使用資格を有しております。
数日間の入院が必要となります。
ジオン注についてはこちら
*手術療法
結紮手術:外痔核およびⅡ度以上の内痔核が対象で、腰椎麻酔下に、3か所の痔核切除を行います。根治性は高いですが、術後の痛みや出血の危険性が高くなります。

*薬物療法
座薬は肛門に挿入しやすい紡錘型をした固形薬、塗り薬は肛門周囲に塗るタイプと注入するタイプがあります。座薬と塗り薬は止血作用、痛み止め作用があります。また、内服薬は便をやわらかくして肛門の負担を減らしたり、炎症を抑える抗生剤や消炎剤などがあります。

◊痔の予防

*規則正しい排便生活を身につけましょう
・便通を整えるために食物繊維や水分を摂る
・便意があったら我慢せずトイレに行く
・トイレに長居をしない。いきむのは3分以内で無理に出しきろうとしない
・下痢を防ぐためにアルコール類、香辛料などは控える
・腸の働きをよくするために適度な運動をする
・便秘の原因になる無理なダイエットはしない
*おしりを清潔にしましょう
・坐浴を行う
・温水洗浄式便座を使う
→水圧は弱めに
→温度に注意
→刺激し過ぎない
・洗った後、おしりをよく乾かす
→便座に乾燥機能がない場合は清潔なタオルなどで軽くおさえるようにします。)
・お風呂に入って血行をよくする
*おしりへの負担を減らしましょう
・長時間、同じ姿勢をとり続けない
・過労やストレスを避ける
・体を冷やさない

◊外来診療

診療日:月曜日・金曜日
受付時間:13:00~15:00

担当医 : 北井 祥三

1982年 京都府立医科大学卒業
第一外科(現消化器外科)研修医
1991年 松下記念病院 外科
2005年 市立奈良病院 外科部長
2008年 市立奈良病院 副院長
2015年 市立奈良病院 院長補佐
2018年 大島病院 院長
京都府立医科大学 臨床教授
京都府立医科大学 医学博士

〒612-8034 京都市伏見区桃山町泰長老115 TEL (075)622-0701

PAGETOP
Copyright © 社会医療法人 弘仁会 大島病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.